真空機器・除振・防振の課題解決が我々の使命です!

サイトマップ
    会社概要 > 会社沿革

会社沿革

沿革

1997 2

研究用真空機器や高性能除振台の設計・製造・販売を主体として

有限会社ブイ・アイ・シー インターナショナルを東京都八王子市に設立

1997 10 業務拡大の為、東京都武蔵村山市に工場を設立
1998 2 真空中摩擦磨耗試験機の開発
1999 11 業務拡大の為、東京都西多摩郡に工場を移転
2000 6 ドメイン名を取得し、ホームページを開設
2001 1 防音ボックスの開発
2002 6 TMP用防振ダンパの開発
2003 1 放射光実験施設関連事業を開始
2004 3 残留ガス分析装置の開発
2006 7

資本金を1,000万円に増資し、社名を 株式会社 VICインターナショナルに変更

本社、工場を移転統合

2006 7 日本原子力研究開発機構(JAEA)の呼称使用許可取得
2008 5 大阪府枚方市に大阪営業所を開設
2010 4 業務拡大の為、東京都西多摩郡瑞穂町長岡に工場移転
2010 7 「高透磁率材料を構造部材に用いた大型超高真空容器の製造技術」が戦略的基盤技術高度化支援事業(サポイン)に採択(3年継続)
2011 4 富山県高岡市に富山営業所を開設
2012 7 兵庫県相生市に播磨営業所開設
2013 6 「高エネルギー加速器用電磁石ユニットの高性能化、小型化を目指した構成部材の異種金属接合技術の開発」が先端技術実用化支援事業に採択
2013 10

茨城県ひたちなか市に北関東営業所開設

「太陽電池伝導キャリア分光システムの開発」が先端計測分析技術・機器開発プログラムに採択(名古屋大学からの再委託)

2014 4 「高エネルギー加速器用電磁石ユニットの高性能化、小型化を目指した構成部材の異種金属接合技術の開発」が先端技術実用化支援事業に採択
2014 9 「電子顕微鏡用の電子銃の小型化」が受注型中小製造業競争力強化支援事業に採択
2014 10 「防振ダンパの振動減衰率の改善」が試作品等顧客ニーズ評価・改良支援助成事業【製品等改良】に採択
2014 12 「ガラス気泡内超微量ガス分析装置の開発」がものづくり中小企業・小規模事業者試作開発等支援補助金に採択

↑ページのトップへ